トップ

               神戸ヒヨコ登山会
 神戸ヒヨコ登山会は1922年(大正11年10月5日)に創立、2012年(平成24年)には創立90周年を迎えた歴史ある登山会です。当時、六甲山に外国の貿易商人たちを見るようになって程なく、市街からすぐ登れる再度山の大龍寺門前山門前にあった「善太郎茶屋」に集まった10名が、虚弱な身体を鍛え直し、体力増進に努めるべく「毎朝登山」を始めたのが本会の発足です。茶店には署名簿を置き、切磋琢磨する姿を見て入会する者はたちまち増え続け、神戸の生活文化ともなった「毎日登山」の先覚者として今なお健在している登山会です。
 「毎日登山」を日々のトレーニングと考え、「六甲山を中心とした登山」、「兵庫県内の山々への日帰り登山」はもちろん、「県内の名山」、「北や南のアルプス登山」へも足跡を残す山行を行っています。
 現在は七支部(西から順に旗振・高取・再度・布引・一王山・保久良・唐櫃)があり、全体山行、支部山行とともに「安全で楽しい!」をモットーとした活動を行っています。